岩見沢聖十字幼稚園のホームページへようこそ!!|岩見沢聖十字幼稚園|幼稚園|

 

保育の特色

   
神様に守られている(礼拝)
 
幼稚園では、キリスト教保育を基盤として、毎日お祈りをします。
その中で、一人ひとりの子ども達が、神様から愛されている事を感じます。
また、他人に対する思いやりや、命の大切さを育みます。
 
 
兄弟のように(縦割りクラス)
 
異年齢クラス(縦割り)を基本としています。
年長さんは、年少さんのお世話をしたり、先生のお手伝いを率先してやるようになります。
年中さん、年少さんはその姿を見て育ちます。
毎日過ごす中で、本当の兄弟のように成長します。

朝の身辺整理、帰りの「さようなら」は縦クラスで行います。
 
 
 同年齢の絆を大切に(同年齢クラス)
 
同年齢クラスでしかできないこと、同年齢だからこそできることを取り入れてすます。(製作・運動遊び・調理)

自由遊び後から昼食後まで同年齢クラスで過ごします。
 
 
心も体もたくましく(外遊び)
 
雨の日以外の毎日を(冬も)外に出て楽しく遊んでいます。虫探しに、おままごと、サッカーに鬼ごっこ。泥んこ遊びも大好きです。
園庭すべてが子ども達の遊びの場所です。

裸足保育・歩くこと・マラソン・歩くスキーなどを大切にしています。 たくさん遊んだあとの静の時間も大切にしています。
 
 
食育の大切さ
 
  • 週1回の給食では、みんなと同じ物を食べることで、好き嫌いをなくし、食事の大切さを味わいます。

給食は「コープさっぽろ」さんです。“安全・安心”を追求し、コープの基準をクリアしている食材を使用しています。
  • 週2回のお弁当では、愛情たっぷりのお弁当を嬉しそうに食べています。
  • 園の畑で採れた野菜を使っての調理保育も行います。自分たちで収穫した喜びを感じながら、調理に腕を振るう子ども達です。
 
 
絵本の大切さを伝えます
 
赤ちゃんがおっぱいを飲むのと同じくらい、子どもには絵本が大切です。
毎日、絵本を読むことで子どもたちの情操や豊かな感性を育てます。
同時に知らず知らずのうちに言葉や、社会性、集中力を身につけて行きます。
お母さん方の「くるみの木」(読み聞かせ)サークルも楽しんでいます。
週1回、読み聞かせをしてくれます。
お母さん方の読み聞かせをして下さる時間は子ども達にとって格別なひと時です。
 
 
地域交流
 
地域の方々との交わりを大切にしています。
  • 月に1度のこぶし訪問(老人福祉施設へ慰問)
  • 緑が丘老人クラブの方とのおもちつき
  • 月に1度のゴミ拾い町内や近くの公園のゴミを拾います。)
  • 茶道(年長)、詩吟・ドラムサークル(年中)、リズム遊び(年少)を地域の先生に来ていただいて教えていただきます。
 
 
預かり保育の充実
 
毎日、保育時間終了から夕方6時まで預かり保育を行っています。日々の保育とは一味違う家庭的で、兄弟のような雰囲気の中過ごしています。
長期休みも毎日行います。
(年末・年始&お盆のお休みはあります。)
今年度は、毎日様々な施設を利用させていただき、楽しく過ごしました。
 
学校法人 聖公会北海道学園 岩見沢聖十字幼稚園
〒068-0835
北海道岩見沢市緑が丘1丁目21番14号
TEL:0126-22-4079
FAX:0126-22-4079
------------------------------
 
------------------------------
027566
<<学校法人 聖公会北海道学園 岩見沢聖十字幼稚園>> 〒068-0835 北海道岩見沢市緑が丘1丁目21番14号 TEL:0126-22-4079 FAX:0126-22-4079